メニュー
インフォメーション

ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて


芸術は、いわば「危険早期発見装置」である。そのおかげでわれわれは、社会的、精神的危険の兆候をいち早く発見でき、余裕をもってそれに対処する準備をすることが出来るのである。*1

これは1960年代に鋭い先見性で、新しい技術がもたらす社会変革を予見したメディア批評家マーシャル・マクルーハンの言葉です。彼が活躍した時代から半世紀が過ぎた今、インターネットが社会に浸透し、人工知能などの新しい技術革新が進められています。「どんな技術も、次第に、まったく新しい人間環境を作り出していく」*2という同氏の言葉通り、テクノロジーは人類に全く新しい世界をもたらしてきました。こうした変革は、希望に満ちた新しい時代のドアとして期待される一方、さまざまな問題や混乱が危惧されています。技術革新がもたらす時代の光と影について、アーティストはどのように反応しているのでしょうか。本展は、革新と混沌が交錯する現在、そして未来に対し、鋭い感性で応答する国内外のアーティスト8組の作品を通し、テクノロジーが作り出すこれからの社会について考える機会を創出します。
*1、2 :マーシャル・マクルーハン著、後藤和彦・高儀進訳(1967)『人間拡張の原理』竹内書店刊

会 期: 5月6日(日)まで
場 所: 水戸芸術館 現代美術ギャラリー
料 金: 一般800円



東芝グランドコンサート2018


本コンサートシリーズは、毎年海外の著名な指揮者やオーケストラ、豪華なソリストらの 共演を実現するもので、2018年は37回目の公演として、イギリスの名門オーケストラ BBC交響楽団と同楽団の首席指揮者サカリ・オラモを招聘。BBC交響楽団とサカリ・オラモのコンビによる初の日本公演となります。サントリーホールでの公演は完売。

日 時: 3月8日(木)19:00開演 
場 所: ミューザ川崎シンフォニーホール
料 金: S席18,000円、A席14,000円、B席11,000円ほか

公式サイト http://www.t-gc.jp/


ジェームズ・ボンド007 カジノロワイヤル inコンサート


作曲家デヴィッド・アーノルドのスリリングな楽曲を映像に合わせて、大迫力のフルオーケストラの生演奏とともに、ジェームズ・ボンドが巨大スクリーンで躍動します!
『カジノ・ロワイヤル』は、マーティン・キャンベル監督、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じた最初の作品です。

日 時: 4月29日(日)13:00
場 所: 東京国際フォーラム ホールA
料 金: S席9,800円 A席7,800円
公式サイト http://007crconcert-japan.com/


ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展


ロサンゼルス、ロンドンで開催され話題となった展覧会「ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展」が、ジョージ・ハリスン生誕75周年を記念して日本初上陸。
未亡人オリビア・ハリスンの全面的な協力を得て、忠実に復刻された原寸大のハリスンの手書き作詞原稿22点や家族写真などが公開されるほか、日本特別企画として、ビートルズ時代に着用した衣装や手紙などを展示。

会 期: 2月17日(土)〜3月11日(日)
会 場: 渋谷ヒカリエ8F ART GALLERY
チケット予約方法・詳細はウェブサイトを参照ください https://www.i-bcc.jp/imemine/


ヌード NUDE -英国テート・コレクションより


ヌード -人間にとって最も身近といえるこのテーマに、西洋の芸術家たちは絶えず向き合い、挑み続けてきました。
美の象徴として、愛の表現として、また内面を映しだす表象として、ヌードはいつの時代においても永遠のテーマとしてあり続け、ときに批判や論争の対象にもなりました。
本展は、英国テートの所蔵作品により、19世紀後半のヴィクトリア朝の神話画や歴史画から現代の身体表現まで、西洋美術の200年にわたる裸体表現の歴史を紐ときます。

会 期: 3月24日(土)から6月24日(日) 
会 場:  横浜美術館
入場料: 一般1,600円、大学・専門学校生1,200円、中学・高校生600円

プレゼント
本展の招待券を5組10名様にプレゼント。日英協会事務局までおハガキでお申込下さい。(3月16日消印有効)


ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男


実話を基にチャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる27日間を描く、感動の歴史エンターテインメント。
名優ゲイリー・オールドマンが伝説リーダー、ウィンストン・チャーチルを演じた真実の物語。
3月30日TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
http://www.churchill-movie.jp/

監督:ジョー・ライト 
出演:ゲイリー・オールドマン、クリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ、スティーヴン・ディレイン、ロナルド・ピックアップ、ベン・メンデルソーン
2017年/イギリス/125分 © 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
ユニバーサル作品 配給:ビターズ・エンド/パルコ



英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン


英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズンはその世界最高クラスのバレエとオペラの舞台を、舞台裏でのインタビューや特別映像を交えて映画館のスクリーンで鑑賞出来る、人気の上演プログラムです。
オペラ:
『リゴレット』 3月9日〜15日
『トスカ』 4月6日〜12日
上映時間等 詳細はウェブをご覧ください http://tohotowa.co.jp/roh/


ミュージカル メリーポピンズ


1964年に制作され、不朽の名作として知られる映画「メリー・ポピンズ」。
2004年に英国ミュージカル界の名プロデューサー、キャメロン・マッキントッシュ率いる最強クリエイティブチームの手でミュージカル化されました。
英国はじめ世界10カ国以上で上演され、絶大な人気を博していますが、このたび本国スタッフの長期間にわたるオーディションにより選び抜かれた、日本人キャストによる公演が決定しました。
日英協会会員の皆様には特別割引チケットのご案内がございます。詳しくは会報をご覧ください。

日 程: 3月25日(日)から5月7日(火)
会 場: 東急シアターオーブ

公式サイト https://marypoppins2018.jp/


東京バレエ団 親子で楽しむ!GWファミリー公演 真夏の夜の夢


東京バレエ団ではシェイクスピアの「真夏の夜の夢」の舞台を上演します。
英国ロイヤル・バレエ団の振付家フレデリック・アシュトンが有名な“結婚行進曲”を含むメンデルスゾーンの音楽に振付けたこのバレエ。ご家族でお楽しみいただける公演です。
日英協会会員の皆様には特別割引チケットのご案内がございます。

日 時: 4月28日(土)、30日(月・祝) 15:00
場 所: 東京文化会館
料 金: 通常S 5,000円 A 4,000円 B3,000円 

公式サイト http://www.nbs.or.jp/stages/2018/dream-serenade/add.html


春の英国留学セミナー


英国留学を検討する方向けのイベントとして、ブリティッシュ・カウンシルが主催する唯一の大規模イベント「英国留学フェア」。
英国の語学学校、ボーデイングスクール、カレッジ、大学から約30校の代表者が来日し個別相談に応じます。

日 時: 3月26日(月) 17:00-21:00 
会 場:  ブリティッシュ・カウンシル
入場無料・予約不要(オンライン事前登録で特典有)


映画 ウイスキーと2人の花嫁

Whisky Galore!
第二次世界大戦中、スコットランドのエリスケイ島沖で大量のウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した。この事件の実話を基に描いた物語の原作は、英国人作家コンプトン・マッケンジーが1947年に発表した小説「Whisky Galore」(意味は“たっぷりのウイスキー”)。>1949年に初映画化され、リメイクとなる本作は全編スコットランドでロケを敢行。スコットランドの美しい風景にも注目です。2月17日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

公式サイト http://www.synca.jp/whisky/

© WhiskyGaloreMovieLimited2016


東京・春・音楽祭 東京のオペラの森2018
ベンジャミン・ブリテンの世界供 20世紀を生きた、才知溢れる作曲家の肖像


20世紀英国を代表する音楽家、ベンジャミン・ブリテンはピアニスト、指揮者として多くの舞台に立ち、作曲家としても多くの作品を制作しました。
「東京・春・音楽祭」は東京 上野で毎年春に開催される音楽祭で、様々なプログラムが上演されますが、本公演は昨年に続き2回目となるブリテンの魅力に迫るコンサートです。

曲 目: 弦楽四重奏曲第2番ハ長調op.36、セレナードop.31、カンティクル第3番op.55《なお雨は降る》
日 時: 3月19日(月)19:00開演(18:30開場)
場 所:  上野学園石橋メモリアルホール
料 金: S 4,100円  A 3,100円  25歳以下1,500円
     25歳以下のチケットは2月9日より「東京・春・音楽祭」公式サイトのみでの扱い http://www.tokyo-harusai.com/


オックスフォード上廣セント・クロス奨学金派遣制度 2018年度募集


オックスフォード上廣セント・クロス奨学金給付型派遣制度は応用倫理分野の日本の大学院生または研究者を派遣留学生としてオックスフォードに送り、1年までの期間オックスフォード上廣センターで研究してもらうことを目的としています。
2018年度の申込締切は2018年3月15日です。
詳細はオックスフォード大学日本事務所のサイトをご覧下さい。
http://oxfordujapan.org/wordpress/files/2017/11/2018-Oxford-Uehiro-St-Cross-Visiting-Programme.pdf


パディントン2

パディントン2
ジュニアグループのクリスマスパーティにも遊びにきてくれたパディントンの映画、『パディントン2』が、いよいよ2018年1月19日(金)より、全国ロードショーです。
『パディントン2』は英国アカデミー賞(BAFTA)で、英国作品賞、助演男優賞(ヒュー・グラント)、脚色賞の3部門にノミネートされました。
配給:キノフィルムズ/木下グループ

公式サイト http://paddington-movie.jp/

©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.


イングリッシュ・アーティクルを楽しむ会

イングリッシュアーティクル
「イングリッシュ・アーティクルを楽しむ会」は、月に一度集まって、英文雑誌や英字新聞の記事をみんなで読みながら、英文や内容を自由に討論し、肩のこらない談話を楽しむ会です。日英協会の会員であれば、他の資格は問いません。皆様のご参加をお待ちしています。お問い合わせは日英協会事務局まで。

日 時: 毎月第3木曜日 11:00-12:30
場 所: 日英協会 会議室
参加費: 無料
幹 事: 前 義治 (まえ よしはる)略歴1966年(昭和41年) 東京大学原子力工学科卒 国内金属メーカーの研究所に勤務 工博  著書: 銅とアルミニウムのおはなし(日本規格協会) 論文:最近では、2016年米国金属学会誌(Metallurgical and Materials Transactions A)12月号に掲載







© The Japan-British Society