メニュー
インフォメーション

ミュージカル エビータ


アルゼンチン大統領夫人として“エビータ”の愛称で慕われたエヴァ・ペロンの生涯を描いたミュージカル『エビータ』はアンドリュー・ロイド=ウェバー作曲、ティム・ライス作詞、ハロルド・プリンス演出という現代ミュージカルの巨匠トリオの手により誕生し、1980年のトニー賞で最優秀作品賞を含む7部門を制覇しました。
ロイド=ウェバー生誕70周年となる本年、世界を驚愕させた1978年初演時のオリジナル演出版が初来日となります。

日 程: 7月4日から7月29日
場 所: 東急シアターオーブ
料 金: S 13,500円、A 11,000円、B 9,000円

公式ウェブサイト: http://evita2018.jp/index.html


バレエ・アステラス2018


『バレエ・アステラス』は海外で活躍する日本人若手ダンサーを応援することを目的に2009年より開催されていますが、今年は英国ロイヤルバレエ プリンシパルの高田茜氏、平野亮一氏をはじめ、公募により選ばれた世界各国で活躍する7組のダンサーが出演します。
高田茜・平野亮一組の上演演目は『ジュビリー・パ・ド・ドゥ』。2012年10月にエリザベス女王在位60周年記念として行われたガラ公演で初演された華やかなパ・ド・ドゥです。

日 時: 7月28日(土)15:00
場 所: 新国立劇場オペラパレス
料 金: S 6,480円 A 5,400円 B 4,320円

公式ウェブサイト: http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/


福島青年管弦楽団コンサート


福島青年管弦楽団は2011年3月の東日本大震災と原発事故の直後から被災地で慰問演奏活動を行って来た英国在住のピアニスト パノス・カラン氏(ギリシャ出身)により創設されました。
2012年3月には福島市内の4つの中学校の生徒を集めてコンサートを行い、2014年3月、同じ4校から選抜された中学生37名がロンドンで音楽研修を行いました。
2015年8月の東京オペラシティコンサートホールで開催されたコンサートには皇后陛下もご臨席されました。
大震災と原発事故による困難を経験した福島の子供たちが音楽を通じて世界に発信し、同じような境遇にいる世界中の人々に勇気とチャンスを与えられるよう活動を続けています。
来年3月にはロンドンのクイーンエリザベスホールでコンサートを予定している彼らの音楽をぜひお聞き下さい。

プログラム:「ルスランとリュドミラ」序曲(グリンカ)、ピアノ協奏曲第1番(チャイコフスキー)、交響曲第5番(チャイコフスキー)
日 時: 8月6日(月)19:00開演
場 所: サントリーホール 大ホール
料 金: S 4,000円、A 3,000円、B 2,000円、C 1,000円 学生証提示でS席以外1,000円 当日券は500円増し
予 約: サントリーホール(0570-55-0017)または チケットぴあ等プレイガイドにて。
お問合せ: 福島青年管弦楽団 代表理事 齋藤弘樹氏 hiroki@keysofchange.org

プレゼント
本公演の招待チケット(A席かB席 席種は選べません)を抽選で10組20名様にプレゼント。
日英協会事務局までおハガキでお申込下さい。(7月20日消印有効)


OUDS来日公演 十二夜


オックスフォード演劇大学演劇協会(OUDS)来日公演。現代的な感性による表現と原語上演ならではの美しい台詞の響きを楽しめます。
英語上演・日本語字幕付き。

日 時: 8月7日(火)13:30/18:30 8日(水)13:30
場 所: 東京芸術劇場 シアターウエスト
料 金: 一般2,500円、U-25 2,000円、高校生1,000円
チケット:東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296 ほか各種プレイガイドにて発売中。


ロンドン交響楽団日本ツアー2018


サー・サイモン・ラトルが昨年秋にベルリン・フィルから英国に帰還し、ロンドン交響楽団の音楽監督に就任したのは大きな話題となりました。
今年の秋、待望の来日公演が開催されます。
指揮:サー・サイモン・ラトル
詳細は各ウェブサイトをご覧下さい。

サントリーホール 9月24日 18:00、9月25日 19:00、9月29日 14:00
http://www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=671/

NHKホール 9月27日 19:00
https://www.nhk-p.co.jp/event/detail.php?id=865


映画 アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!〜


『ひつじのショーン』『ウォレスとグルミット』などを制作してきたニック・パーク監督とアードマン・アニメーションズの共作によるクレイアニメーション最新作。
7月6日から東京・TOHOシネマズ 上野ほか全国で公開。http://earlyman.jp/


子ども 夏の英語集中コース


ブリティッシュ・カウンシルでは7歳から12歳までのお子様を対象に夏休みの特別企画として英語集中コースを開催します。
ブリティッシュ・カウンシル独自開発による国際標準の子ども用英語プログラム「Primary Plus」を利用。本プログラムは、子どもたちが楽しく英語での積極性を伸ばすための多様な工夫が盛り込まれています。
グループでの共同作業の中からコミュニケーション力を育んでいくと同時に21世紀型スキルも育てていく内容になっており、世界各国のブリティッシュ・カウンシルの子ども英会話で使われています。

日 時: 7月30日(月)〜8月3日(金) 9:00-12:30 レッスン3時間×5日(毎レッスン30分の休憩あり)
会 場: ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール(飯田橋)
料 金: 59,000円(税抜き) 入学金不要・教材費込

お申込・詳細:https://www.britishcouncil.jp/


ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 - 美しい生活を求めて -

ウィリアム・モリスと英国の壁紙展

7月7日(土)より、群馬県立近代美術館 にて「サンダーソンアーカイブ ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 - 美しい生活を求めて」が開催されます。産業革命により大量生産品があふれた19世紀後半の英国において、モリスは丁寧な手仕事から生まれる美や自然との共生を求め、木版による美しい壁紙を生み出しました。
本展はモリスのデザインを中心に、英国有数の壁紙会社サンダーソン社が所蔵する貴重な壁紙や版木など約130点を日本で初めて紹介し、英国壁紙デザインの変遷をたどります。

日 程:7月7日(土)〜8月26日(日)展示室1
場 所: 群馬県立近代美術館
観覧料:一般820円、大高生410円 


ウィリアム・モリス《ピンパーネル(るりはこべ)》1876年、サンダーソン社蔵(c)Morris & Co.


映画 ファントム・スレッド

ファントムスレッド
本作をもって俳優業引退を宣言した、ダニエル・デイ=ルイス主演。監督・脚本・製作・撮影をポール・トーマス・アンダーソン、音楽はレディオヘッドのギタリスト、ジョニー・グリーンウッドが務めた。1950年代のロンドン。天才的な仕立て屋とそのミューズとなった、若きウェイトレスの愛の軌跡を描く。
5月26日(土)よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館 ほかにてロードショー。

公式ウェブサイト http://www.phantomthread.jp/


© 2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved


日本ヘンデル協会コンサート・シリーズ Vol.20 G. F. ヘンデル:オペラ〈アリオダンテ〉

アリオダンテ
日本ヘンデル協会は創立20周年を記念してコンサート・シリーズ Vol.20 オペラ公演を開催します。スコットランド女王ジネーヴラと騎士アリオダンテをめぐる愛と謀略の物語。1735年1月8日、コヴェント・ガーデン劇場初演。49歳のヘンデル、最円熟期の作品です。オペラ〈アリオダンテ〉Ariodante(全曲)

日 時: 7月21日(土)16:00開場 16:30開演
場 所: 東京文化会館小ホール (JR上野駅公演口)
料 金: 7,000円(前売り6,500円)全席自由
予 約: 東京文化会館チケットサービス Tel: 03-5685-0650     日本ヘンデル協会 Tel: 0463-78-6302
オペラ〈アリオダンテ〉に向けてのプレ・レクチャーが6月30日に行われます。詳しくは日本ヘンデル協会ホームページをご覧ください。http://www.handel-institute-japan.org


イングリッシュ・アーティクルを楽しむ会

イングリッシュアーティクル
「イングリッシュ・アーティクルを楽しむ会」は、月に一度集まって、英文雑誌や英字新聞の記事をみんなで読みながら、英文や内容を自由に討論し、肩のこらない談話を楽しむ会です。日英協会の会員であれば、他の資格は問いません。皆様のご参加をお待ちしています。お問い合わせは日英協会事務局まで。

日 時: 毎月第3木曜日 11:00-12:30
場 所: 日英協会 会議室
参加費: 無料
幹 事: 前 義治 (まえ よしはる)略歴1966年(昭和41年) 東京大学原子力工学科卒 国内金属メーカーの研究所に勤務 工博  著書: 銅とアルミニウムのおはなし(日本規格協会) 論文:最近では、2016年米国金属学会誌(Metallurgical and Materials Transactions A)12月号に掲載







© The Japan-British Society