メニュー


2018
August 2018

日英協会賞

2008年より毎年行っております、「日英協会賞」の候補者を募集致します。日英間交流に貢献された個人及び団体の中から殊に今までに陽の目を見ない活動を地道に行ってこられた方々を表彰するもので、年次晩餐会にて受賞者を発表し、記念品を授与致します。
詳細に付きましては、会報に同封の「Prospectus」及び「Nomination Form」をご覧願いますが、「Prospectus」はあくまでも指針ですので、これにあまり厳密にとらわれることなく、積極的に候補者の推薦をお願いいたします。
尚、候補者の推薦の期限は、2018年9月28日までとさせていただきます。本賞に関するお問い合わせ等がありましたら、 日英協会事務局までご連絡下さい。

JBS Awards Prospectus / Nomination Form はこちらからダウンロードください
JBS Awards Prospectus / Nomination Form


April 2018

日英協会 英国へ桜植樹

日英協会は、ロンドンの桜植樹委員会と連携して、英国に桜の木を寄贈する計画を立ち上げた。事業に伴う募金活動は今夏からスタートする。 最初の植樹は、ロンドン中心部にある王立公園(ロイヤルパーク)4か所を候補としている。
計画は2019年度に50~60本の樹齢10年以上の成木を植え、その後苗木数百本を英国内の候補地に植える予定となっている。東京五輪の春に初の開花を迎える。
初期段階の費用は約10万ポンド(1,500万円)で、日英協会の法人会員企業を中心に、東京商工会議所や経団連を通じて、本邦企業への協力を呼び掛ける。 構想は17年8月の日英首脳会談での共同声明に記載されている事項である。
塚本隆史理事長は『いまは政治的な振れ幅が大きいが、民間主導で日英の友好関係の大切さを訴えてゆきたい』と話している。

(本件は4月14日付、日経新聞夕刊に掲載されました。)

February 2018

野上副会長 英国の叙勲受章

野上義二副会長(元駐英日本大使・前日英協会理事長)がこのたび英国の名誉大英勲章CBEを受章されました。

December 2017

日英協会賞 2017

アワード・コミッティーの選考審査を経て理事会による検討がなされた結果、今年度の日英協会賞は佐野圭作氏(日本)とデーヴィッド・アトキンソン氏(英国)に授賞が決まり、12月6日に開催された年次晩餐会の会場にて、彬子女王殿下より記念のシルバープレイトが授与されました。
佐野圭作
佐野圭作氏 
栃木県足利市出身 英国在住。ロンドンのジャパンソサエティの理事、英国日本人会会長などを務められ、2009年よりロンドンのトラファルガー広場で毎年開催されているJapan Matsuri in Londonのイベントを立ち上げるのに貢献。2012年のロンドンオリンピック・パラリンピックの際には日本チームのための日本人コミュニティーサポーターの代表としてボランティア活動をされた。2012年にはジャパンソサエティアワード受賞、2015年には英国における日本人コミュニティーの活動や、長年に亘る日英間の相互理解に対する活動を認められて日本政府より旭日双光章を受章された。佐野氏は現在も英国在住のため本来ならば日英協会賞の受賞は対象外となるが、日本にも定期的に滞在されていることと、同氏の日英関係における重要な活動実績を評価し、特別の事例としてアワード・コミッティーが推薦、決定した。

デーヴィッド・アトキンソン
デーヴィッド・アトキンソン氏 
英国生まれ。オックスフォード大学にて日本学専攻。1987年アンダーセン・コンサルティング入社、ロンドン、ニューヨークで勤務の後、ソロモン・ブラザーズ証券会社、ゴールドマン・サックス証券会社で金融アナリストとして活躍、2006年にはパートナーに就任。翌2007年には同社を退社し、2009年より株式会社小西美術工藝社で日本の伝統的な寺社仏閣の修復に携わる。また、日本政府や地方自治体の様々な委員会に所属し、提言を行っている。その中にはオリンピック関連委員会、日本遺産審査委員会、和装振興協議委員会、食と農の景勝地委員会、文化財の英語解説のあり方に関する有識者委員会、国立公園満喫プロジェクト有識者会議等多数。
著書には『銀行不良債権からの脱却』(1994.10月)『イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る』(2014.10月)『新・観光立国論』(2015.6月) - 山本七平賞受賞 『イギリス人アナリストだからわかった日本の強み 弱み』(2015.6月)ほか

November 2017

戦没者追悼記念日式典

2017年11月12日(日)駐日英国大使館主催による戦没者追悼記念日式典が、横浜市にある英連邦戦死者墓地にて行われました。
日英協会を代表し、理事長 塚本隆史が追悼の花輪を供えました。




2016



© The Japan-British Society